06
TOP IMAGE
http://squir.blog17.fc2.com/

2017-06

高校生男子のホワイトデー & 旧吉田茂邸をお散歩┌(* ̄ ∇ ̄)┘







少し前…ホワイトデーでしたねぇ〜(ノ´ ∇ ` *)




バレンタインデーの後付けとして

出来たようなぁ〜 イベントですよねっ^^;

昔はなかったと思いま〜す(=゚ω゚)ノ




もちろん本命に♪ お返しとかもあるかと思いますが…

昨今 友チョコのお返しは そこそこの数になるようですね〜

まぁ〜 私にはぜんぜん関係ないことですが (。-∀-)ゥヒャヒャ♪





完全に菓子メーカーに踊らせている感が 半端ないのですが

何がともあれ 若い子たちが 楽しそうなのは 何よりです^ ^






そのホワイトデーの前日の13日のこと …

息子が お友達と一緒に

ホワイトデーにお返しするクッキーを焼きたいから

我が家のキッチン使っていい?!っと聞かれ…





ギョギョッw(;゚Д゚)w☜ 焦る私





来客が 滅多に来ない 我が家です…(ー ー;)

なので 無防備にキッチン汚いですww




慌てて キッチンを大掃除をした私(母)でしたっ!!

ヒィ〜ヽ(゚Д゚; ≡ ;゚Д゚)/ヒィ〜

だってだって〜 クッキーを焼く高校生男子だなんて♪

もう〜可愛過ぎて ダメだなんて 言えませんものぉ〜(ノ´ω ` *)ポッ♡






高校に入ってからの息子のお友達が 我が家に来るのはお 初 ♬

ドキドキ 嬉し 恥ずかし 興味津々の母(笑)

部活もクラスも一緒のお友達Hくん♪

韓流系なイケメンで とてもかわいかったです( ̄m ̄*)うふっ♪☜ヤバイね…おばちゃん





クッキーも かわいく 美味しく 焼けました♬







手作りお返しの男子は 他に居るまいっ!!と思いきや…

手作りのミニドーナツを配った男子も居たそうな〜(* ̄▽ ̄*)





自分の高校時代と全く違う 今時の高校生の生態♪

どうしても好奇心が隠せない私です( ´艸`*)笑

あまり根掘り葉掘り聞くとウザがられるので 小出しに探っています |д・) ソォーッ…







*・゜゚・*:.。.:*・*:.。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。.:*・*:.。.:*・゜゚・*






さてさて♪

私のおばちゃん丸出しの 前置きはさておき(笑)

本題へ〜〜〜(・ω・)ノ





もうお蔵入りかなぁ〜と思っていた

内容なのですが…

やはり記事としてまとめてみることにしました^^;ゝ






旧吉田茂邸へお散歩へ行きました♪



もうだいぶ前…1月の事だったと思います^^;





講和条約門♪



サンフランシスコ講和条約締結を記念して建てられた門

兜の形に似ていることから「兜門」とも呼ばれます。

京都の裏千家の兜門と同じ製作者を京都から呼び寄せ昭和29年完成。

屋根は「檜皮葺き」という伝統的技法が用いられており貴重な建築物です。






庭 園 ♪



昭和36年頃に完成した池泉回遊式の庭園です。

庭園設計者である中島健氏は 数奇屋建築の本邸との調和を考えつつ

花を愛した吉田茂氏の好みのさまざまな草花やツツジ類ウメなどを

多く取り入れ 色彩豊かな庭造りをおこなったと考えられます。






訪ねた時は 丁度 梅が見頃でした^ ^















今はもう 散ってしまったかなぁ〜(・・?)

あと数日で桜の開花宣言されてもおかしくもないですものねぇ〜(*´-`*)




母屋は2009年3月22日 漏電が原因とみられる火災によって

総ひのき造り邸宅は全焼してしまいました。

数多くの貴重調度品や家財道具も全て灰となり…とても残念ヽ(´o`;



今 再建工事の真っ最中です。

2015年完成予定だったらしいですが 大幅に工事 遅れているようです(´・_・`)




敷地内の高台には 吉田茂氏の銅像♪



銅像は昭和58年に建立されました。

日米講和条約締結の地サンフランシスコと首都ワシントンの方角に

顔を向けて作られているといわれています。

銅像付近からは 富士山、伊豆半島、相模湾、房総半島などが一望できます^ ^






ところで 吉田茂さん…

昔の総理大臣だったようなぁ〜 その程度しか知らない私です^^; ゝ

だって 私が生まれる前に亡くなれているしぃ…( ̄m ̄;)☜無教養極まりない奴






なので ちょっと調べてみました(・ω・)ノ






第45代 内閣総理大臣

日本で5回にわたって内閣総理大臣に任命されたのは

この方 ただお1人っ!!

凄い方だったんですねぇ〜 Σ(゚д゚ ;ノ)ノおおぉ…





優れた政治感覚と強いリーダーシップで

戦後の混乱期にあった 日本を盛り立て 戦後日本の礎を築き

ふくよかな風貌と 葉巻をこよなく愛したことから

「和製チャーチル」とも呼ばれたそうです♪

癇癪持ちの頑固者でありながら ユーモアのある一面もあったようで

公私に渡りユニークな逸話や皮肉な名台詞を多数残しています^ ^



癇癪持ちとは思えない とても優しいお顔ですねぇ〜(*´ - `*)

生き様が お顔に出ているように感じるのは 私だけでしょうかぁ〜?!





ある程度 歳を重ねると

その人の生き様が 顔に現れるような気がします。





必死にアンチエイジングを施したとしても(女性の場合ね…)

それは表面上のことで いくら 顔立ちが整っていたとしても…

美しく装っていたとしても… 意地悪な人は やはり意地悪顏だし

生き様や性格は 顔立ちに現れる…っと私は感じます (ノ´ - ` ;)

そもそも意地悪な人って 自分が意地悪って自覚があるのかしらぁ〜!?(・_・;?





せめて自分の顔に自信が持てるような〜

そんな生き方をしたいものです^ ^






吉田茂氏は数々の名言を残しています♪

「戦争に負けたが 外交に勝った歴史はある。」

「大志を抱けば 天下が何ものか恐るるに足らず。」

総理大臣らしい 前向きで力強い名言ですね^ ^




しかし…

「忙しいと疲れたは 自慢にならぬ。」とも言っています(=゚ω゚)ノ

現代人は 何とか口にしてしまいそうな 「忙しい」と言う言葉・・・





心を亡くすと書いて 忙。

あらためて 気が付きました(・Д・)ノ

実はとってもネガティブな漢字だったのですね^^;





口から発する言葉は

なるべくポジティブな言葉を発したいものです(*´ - `*)

ヘタレなので 日々ついついぼやきがち… 発する言葉も反省しきりの私です(^人^;)








にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

星の数ほどあろうかと思うブログの中で

当ブログにお越しいただき ありがとうございましたm(u_u*)m

またのお越しを 心よりお待ちしております♬





よろこびのタネまき新聞( ´ ▽ ` )ノ






彼岸花が 咲いているのを

見掛けるようになりました (*´∀`*)





秋ですねぇ~…





今頃の時期の服装って

寒がりなのか?! 暑がりなのか?!

とても 分かりやすいですよねっ。





同じ日の 同じシュチュエーションの中で

まだ 半袖に短パン(ミニスカート)の人もいれば

薄手の長袖に カーディガン(パーカー)を

しっかり羽織っている人もいる♪








朝夕と 昼間の温度差もあるし

着るものの 温度調整が とても難しい季節(ノ´ - `;)






あちこちで 風邪を引いている声も ちらほら・・・

私も寒暖差に鼻水がズルズルしています(笑)

体調管理 気をつけましょうねぇ~(・ω・)ノ






+ + + + + + + + +






さてさて♪

前置きは 置いといて…

ではでは 本題へ ♬






我が家は ダスキンのレンジフードフィルターと

浄水器のレンタルを かれこれ10年ほど

お願いしております^ ^♪

(4週間に1度 フィルター交換してくれるサービスです)







その交換時に 領収書と一緒に置いていく

よろこびのタネまき新聞♬



ちょっとした読み物として 必ず目を通すのですが…







今回 、門倉多仁亜さんの連載コラムに

目がとまりました(・ω・)ノ



私自身とても共感する部分が多い内容だったので

少し抜粋して 紹介したいと思います^ ^






今回のテーマは

「美意識を持って暮らす」






柔らかい言い方だと 心地よく暮らすと言うこと♪

「心地よい」は 人それぞれ。

シンプルが 好きな人もいれば

いろいろ飾って賑やかな方がよいという人もいます。

それぞれの心地よいの見付け方について…

多仁亜さんの考え方のコラムです( ´ ▽ ` )ノ






~ 多仁亜さん流「心地よい」の見付け方~

知人から「あなたの年齢ならこのブランドがいいわよ」

ファションを勧められることが よくあります。

素敵だと思うのですが 正直なところ

洋服のことは よく分からない。

次々と変わるモノについていくのは ストレス だから

得意でないことは 追求しない…

これが 私の心地よいの見付け方です。

自分は何が好きなのか なぜ好きなのかを分析し

自分なりの 選ぶ力 を身につけてきました。






~ 選ぶ基準は なんですか??? ~

日本は 選ぶ基準が外にあることが多い。

判断する時に「今は何が流行っているから…」

「みんなは どう思うだろう…」と

答えの出ない 自問自答をする。

「そこに 自分が好きだから♪」という基準があれば

とても楽だと思いませんか???

ある程度の年齢になったら「私はこれが好き♪」と

言えるようにならなければ いけませんね。

それが 美意識ではないでしょうか。






~ 日本とドイツで育って ~

日本 ドイツ アメリカ と転々とする中で

それぞれの文化の違いを目の当たりにして

特に感じるのは ドイツと日本の違い。

それぞれ違うことが 大切なのに

日本人はみんな一緒であろうとすること。

当然だと言わんばかりに

誰かが「○○よねぇ~」と言うと…

みんなが「そうね」「そうね」と言う。

ドイツでは 対照的に「私はこう思う」と言うと

「私は○○」と自分の意見を主張するのが 普通で

それこそが 大切なこと。

家でも自分の意見が言えるよう~教育され

常に自分はどう思うのかを 考え 何が好きで

何が大切なのかを 見極める力も自然に身につきます。






~ 選ぶ練習をしよう ~

日本では 「自分が 何が好きなのか分からない」

という人にしばしば出会います。

おそらく選ぶ練習や 自分の意見を考える練習を

してこなかったからでしょう。

「素敵だなぁ」と思ったら そこで終わらないで

どこが好きで なぜ好きなのかを考えてみる。

色が好きなのか、素材が好きなのか、テイストなのか。

それこそこそが美意識を見い出し

心地よく暮らすための近道だと思います。






そう言う多仁亜さんのお宅のインテリアは

シンプルでありながらも 拘りを感じます(*^^*)






和箪笥は 仕切りを入れて グラスの収納に♪



箪笥=衣類という発想にはとらわれない

独創的なアイデアが素敵です^ ^






間接照明や 観葉植物がお好きなようです(^m ^*)



「好 き」のテイストが どこか自分と似てて

とても共感できましたぁ~(≧∇≦)/






*プロフィール*

門倉 多仁亜さん (かどくら たにあ) 料理研究家。



日本人の父とドイツ人の母を持つ。

日本 ドイツ アメリカなどを転々と移り住み

帰国後始めた料理教室が人気に。

現在は東京を基盤に 月に1度 鹿児島にある

自宅に帰る生活をしている。

薯書「ドイツ式心地よい住まいの作り方」

などがある。





ちなみに 鹿児島のご自宅っ!!

素 敵 過ぎますっ!!(;>ω<)ノ



和とも 洋とも どちらでもなく

しかし どちらともとれる 不思議さがあり

どこの国に建っていてもしっとりと馴染みそうなぁ〜♬

私は そんな建物に感じましたぁ〜(*´∀`*)







当ブログはブログ村の村民です(* ̄▽ ̄*)ゞ






いずれかのバナーをポチッと応援して頂けると

とても有り難く思います(^人^ )

ポチッと♬☞ にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

当ブログに お越しいただきありがとうございました♪

またのお越しを 心より お待ちしておりま〜す(ノ´ ∇`*)






フレームの飾り方を迷走中 & 教科書に載ってたお話(・ω・)ノ







前日の雪予報が一転♬

我が家の地域は 気持ちの良い青空が広がった1日でしたっ( ´ ▽ ` )ノ






陽射しは暖かだけど 気温は低かったですねぇ〜

日陰の霜柱は溶けることもなく ずっとそのまんま…

子どもが見付けたら 間違いなく踏み潰すでしょうね〜(笑)





去年 関東を直撃したような 大雪は困るけど…

薄っすら積もるぐらいの雪だったら好きです(*^^*)







雪予報が外れて ちょっと 残念に感じてたり〜

でも青空が気持ちいいから 晴れて良かったぁ〜

と 思ってたり…

自分で自分がよく訳が分からんです(ノ´ ∇ ` ;)

要はどちらでもよかったんですねぇ〜私っ^^;ゞ








+ + + + + + + + + +







さて♪ 前回セリアで買ったフレームですが…








黒く塗りましたぁ〜 _φ( ̄ω ̄ *) ペト ペト…



エイジング加工はもうお約束ですっ(^m^)クスッ♪






英字紙なんぞ 適当に入れてみたりして・・・



一応 仮で入れてみただけなんですけどねぇ〜 (;´∀`)ゞ






手持ちの大きなフレームも黒に塗り替えチェーーーンジ!!








どうしたいのか???っと言うと…

海外インテリアで見掛ける

壁一面に フレームがたくさん掛かっている♬

ウォールデコって言うの

やってみたいんでっす( ̄m ̄#)プププッ♪






でも なかなか センスが伴わず迷走中 (´Д` ;)ヒィ〜難しい〜っ






あ〜でもない!!ヽ( ̄Д ̄; = ;  ̄Д ̄)ノ こ〜でもない!!





しばらくは 迷走しま〜す( ;´ ▽ ` )ノ






出来たら 報告しますねぇ〜( ̄▽ ̄;)ゞいつになることやら…







*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*






ガラッと話が変わります(・ω・)ノ






娘の国語の教科書をめくっていたら

とっても素敵なお話に出逢いましたっ(=゚ω゚)ノ目から鱗〜っ!!





書者は 日野原重明 ☜ お名前から人物像の詳細に飛べます♪




以下 2009年に 97歳の時に書いたものです^ ^

( 内容を 抜粋 省略して載せさせていただきました)m(_ _)m




小学6年生向けの内容ですが

大人が読んでも 何か心に呼びかけるもの______。

感じていたただけるでは ないでしょうか〜???





一生懸命 長文を書き写しました。

ぜひ 一読して頂ければ 幸いに思いま〜す(*´ - `人)






「君たちに 伝えたいこと 」







君が 12歳あたりだとしたら 97歳を過ぎた私は およそ8倍。

君が生きてきた年月を 私はもう既に8回繰り返してきたことになります。

さて 君の8倍長く生きている私から「寿命」の話をすることにしましょう。

寿命とは 生きている人の命の長さのことです。

つまり生きていることに費やすことのできる「時間」です。


「はい、日本人ですね。

今のところ日本の平均寿命は何歳ですから 何年分差し上げましょう。」


平均寿命に見合った時間を ぽんと手渡せれるようなものではありません。

それでは 寿命という持ち時間から どんどん削っていくようで

なんだか 寂しく感じます。


私がイメージする寿命は 大きな空っぽの器に

精いっぱい生きた一瞬一瞬を 詰めこんでいくイメージです。

ぼんやり過ごそうが、何かに没頭しようが、

時間をどう使うかは ひとりひとりに委ねられてます。



* * * * *



そして時間というものは、止まることなく常に流れています。

けれども 時間というのは ただの入れ物にすぎません。

そこに何を詰め込むかで 時間の質が決まります。

つまり 君が君らしく、いきいきと過ごせば

その時間は 君に命を吹き込まれたように 生きてくるのです。

私がこれから先、生きていられる残り時間は 君に比べるとずっと短いでしょう。

それだけに 一層 一瞬一瞬を もっと意識して

もっと大事に 精いっぱい 生きたいと思います。



✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎



長い人生において

自分の思うようにいかないことも たくさん出てくるでしょう。

君が 自分で選びとったわけでもないのに…

辛くて悲しくて 自分なんて消してしまいたいと

思うことさえ あるかもしれません。

でも、そんな時にも忘れないでほしいことがあります。

嬉しい時 笑っている時だけが「君」ではありません。

悲しい時の君も 消えて無くなりたい時の君も「君」なのです。

だから辛くて悲しい時の自分も 大切にしなければなりません。

成功して喜びでいっぱいの君も 失敗して涙を流す君も

どんな時の自分も大事にすること、これは大切なことです。

決して忘れないで下さいね。




= = = = = =




君が生まれてきて

今 ここにこうして 同じ時を生きていけるということは

とても嬉しいことであり1つの奇跡のように素晴らしいことです。

今、私が語りかけることができるのも 君がそこにいて

私ここにいるからでしょう。

それは 本当に 素敵なことなのです。






かなり省略しましたが 以上 教科書に載っていた

日野原 重明 さん 「君たちに伝えたいこと」です。




読んで 何か心に響くものを 感じてもらえたでしょうか_______?!

もし 心に響くものを感じてもらえれば 私はとても嬉しいです^ ^♪




日野原重明さん たくさんの書籍を出版されてます(・ω・)ノ

今度 本屋さんに行くことがあったら ぜひ本を探して

手にとってみようかなぁ〜と 私は思いましたっ(ノ´∇ `*)




日野原重明さんに比べたら 超ーーー若輩者の自分…

たくさん学ぶべきことが あろうかと思います(^^;ゞ







ブログ村の村民です(*^_^*)ゞ





星の数ほどはあるかという ブログの中で

当ブログにお越しいただきありがとうございま〜す(´∀`人)♪

下のバナーをいずれかをポチッと応援♪ よろしくお願いします(^人^)


ポチッと♬☞ にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

またのお越しを 心よりお待ちしておりま〜す( ´ ▽ ` )ノ





努力の人 ( ̄^ ̄)ゞ尊敬を込めて敬礼♪





前記事の続き 会津若松探訪 です^^;






本来のブログの趣旨である インテリア,手作り, 古道具

ぜんぜん関係なく暴走中で~すε=ε=ε=ヽ(; ̄д ̄)ノうおぉぉぉ〜






ではでは 本題(暴走)へ 行きます ( ̄▽ ̄;)ゞ






福島県出身で 会津若松にゆかりも深い

お札にもなったこのお方… 分かりますよねっ♬



そう… 野口英世さんです( ´ ▽ ` )ノ





猪苗代湖畔にある

野口英世記念館も見学してきましたぁ~ ^ ^♪





彼の功績にあやかれればいいなぁ~と思い…

銅像を挟んで子供たちを並ばせて 記念撮影(笑)







生前の愛用した品が いろいろ展示されてます^ ^






顕微鏡♪







医療器具♪







現代人から見ると とても小柄な お方でした(・ω・)ノ

身長153cm 足のサイズ23cm。



小6の娘と身長が ほぼ一緒ですΣ(; ̄д ̄ノ)ノ





こちらは 生家♪

200年近く経った今も大切に保存されてます^ ^



~ 野口英世(細菌学者) 簡単な略歴 ~

1876年(明治9)貧農の長男として生まれ 母が野良作業中に 囲炉裏で左手を大火傷し

手は握られた形に癒着してしまいます。のちに指が使えるよう受けた手術に感動し

医学の道を志すようになり 努力に努力を重ね1900年(明治33)年に 渡米。

ロックフェラー医学研究所など 数々の細菌研究で成果をあげ 世界的に有名に…

しかし1928年(昭和3) アフリカで黄熱病の研究中に感染 51歳の若さで亡くなりました。





これが 1歳半の時に火傷した囲炉裏です(・_・;







養蚕もやっていたようですね…



お母さんのシカさんは寝る間も惜しんで 働き詰めの日々…

まさに 身を粉にして働いていたようです(u_u)





お父さんは???と素朴な疑問が湧き上がりますよね???



父 佐代助さんは 一般的には飲んだくれだったと言われいます^^;

しかし…調べていくと 戊辰戦争の最前戦で悲惨さを目の当たりにして

お酒を飲むようになってしまったようですヽ(´o`;





父 佐代助さんのお人柄はさっぱりと無邪気♪

手先が器用で人当たりの良い人物だったとのこと…



母 シカさんも「英世の頭の良さは 父親譲り」と周囲に語っていたようで

けして 父 佐代助さんを 疎ましく思っていた訳ではなかったようです^ ^






野口英世さんは こう見ると…

なかなかのイケメンさんですよねっww

お髭がとても似合う 素敵なおじさまです(#^.^#)



細菌学者として 世界的権威であったのはもとより

数カ国語をマスターし 医学研究所のメンバーに

「日本人は寝いなのか?!英世はいつ寝ているんだ???」

と言われるほど 研究熱心で…まさに努力の人だったとの事っ!!

( ̄^ ̄)ゞ心より尊敬申し上げますっ!!





しかし… けして完璧な人ではなったようです^^;

1992年公開の映画 「遠き落日」



この映画、 私はリアルタイムで見ましたが…

そこには 人間臭い人物像で描かれています。


人間・野口英世が 赤裸々に・・・


外科医になりたかったのに 手の障害で果たせなかった苦悩…

借金癖があり 浪費家 酒好き 遊郭に入り浸り( ̄m ̄;)





でもそんな人間臭い一面もある英世さん・・・

私は 好きです^ ^


人は誰だって 完璧ではないっていう事…

教えてもらいました♬

一見 成功者と思われた人にだって 苦悩や葛藤 挫折がある・・・

人間だもんね♪ ☜ これは相田みつをさんの名言ww





数々名言を残していますが…

そのうちのひとつを紹介します^ ^




La qatince est amt ame're, mais son fruit est doux. (仏文)

忍耐は苦し、しかしその実は甘い。




うーーーーーーーん… とっても深いですっ!!(;>ω<)ノ

分かるようなぁ… 分からないようなぁ…
でも日本人なのに フランス語で名言を残すって…どんだけ語学が堪能なのぉー!!




彼は手を火傷しなければ

細菌学者の道には進まなかったでしょう…




野口英世のすべての発端は…この猪苗代湖畔の家で始まり〜

アメリカ、中国、ヨーロッパ、中南米、そしてアフリカ・・・

大きくはばたき

人類を病気から救うべく 生きた人物なのです( ̄^ ̄)ゞ





+ + + + + + + + + + + + + + +





かなり 大大大暴走しましたが…( ̄▽ ̄;)ゞ

最後は のんびりした農村地帯をサクッとダイジェスト♬























































*・゜゚・*:.。..。.:・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:・*:.。. .。.:*・゜゚・*







JR只見線♬



冬季は積雪で運休もありえる… ゆる~い路線です^^;





線路沿いを 少しお散歩^ ^



この鳥居の足元で お宝発見したよっ(≧∇≦)/





内側面の角が歪んでいるレトロ瓶 ♬



ふふふっ… 淡〜いグリーンの小瓶 かわいいっ^ ^♪





会津若松探訪これにて 完。






ブログ村の村民です(*^_^*)ゞ





下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします(´∀`人)♡

ポチッと♬☞ にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村

ポチッと♬☞ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

当ブログにお越しいただきありがとうございました♬

またのお越しを 心よりお待ちしてます(((o(*゚▽゚*)o)))

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Flash風メッセージ

Welcome to my blog. %Please enjoys.

プロフィール

shizu

Author:shizu
神奈川県在住♬
同じ歳の夫(パパさん)と,高校生の息子, 中学生の娘と共にマイペースに暮らす肉体労働パート主婦 shizuと申します(*´ ∇ ` *)
古道具をミックスした心地良いインテリアを模索しつつ レトロ瓶収集したりノスタルジックな街並みや 古い建物を探訪するのが大好きです♬

素朴な暮らし振りや 家族のこと 心模様など…包み隠しのない自分をぎゅ〜っと♬ 詰め込んだ何でもありの “ごった煮” ブログです(ノ´∀ ` *)

木工DIY, 縫い物, 編み物, ジャンル問わず手作りするのも好き♡
貧乏性リメイクを日々のライフワークとしつつ 家族仲良く暮らしておりますヾ(*´∀`*)ノ

WAIMさんで 手作り雑貨を置いていただいております^ ^♪
(委託販売中)


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ ジャンクスタイルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

****************
〓 お し ら せ 〓
私 個人としては とても心苦しく思うことなのですが…
リンクをさせていただいていたブログの中で長いこと更新が滞っていたり もう既に削除されているブログは この度 整理させていただきました
m(_ _)m
その節は 仲良くしていただき 本当にありがとうございました。
ブログ再開設 (再 開) 時は また交流していただければ とても嬉しく…
その際は 喜んでリンクを貼らせていただきたいと思います^ ^

****************

最近のコメント

掲載して頂きました

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ